三宅内科胃腸科では、内科と消化器内視鏡専門医による経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)、糖尿病専門医による糖尿病診療を中心に、安心出来る診療とサービスを提供致します。

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)

より苦痛の少ない内視鏡検査 を提供します

今までに胃の内視鏡検査を受けたことのある方はよくお分かりになると思いますが、検査の最中に「オエッ」と吐き気を催すことがあります。

これは舌の付け根の舌根という部分に内視鏡が触れることで起こる咽頭反射が原因です。

これに対して経鼻内視鏡では、鼻から挿入した内視鏡は鼻腔を通って食道に入るため舌根に触れることがなく、咽頭反射はほとんどありません。

当院は経鼻内視鏡検査を行っておりますので、吐き気をほとんど感じることなく非常に楽に検査を受けることができます。

また検査中は医師との会話も可能なので、十分なコミュニケーションが取れ、よりリラックスして検査を受けることができます。

当院の経鼻内視鏡は先端部外径5.0mm、挿入部外径5.5mmと現在市販されている4方向アングル操作で経鼻挿入可能な内視鏡のなかでも非常に細い内視鏡を使用しています。

検査前日
 

<検査前日の注意事項>

●夕食は軽めに
●夜9時以降、飲食は禁止
●飲み水はOK
●常用薬の服用は可
●早めの就寝を心がけましょう
 ※安全を期すために採血等、事前検査が必要な場合もあります

検査当日

 

<検査当日の自宅での注意事項>

●食事、水を除くジュース等の飲み物、たばこ、薬等は禁止
 ※常備薬を服用されている方は、事前に医師に相談しておきましょう

●着替えやすい服装で出かけましょう

検査前の準備

 

●白い液体の薬(消泡剤)を飲みます

●鼻の通りをよくする薬(血管収縮剤)を両方の鼻腔に噴霧します

●検査室に移動し、ベルトをゆるめ、検査台の上に左側を下にして横になります

 

内視鏡検査の開始

 

●力を抜いてラクに

●内視鏡を鼻から挿入します
●口を自由に動かせるので、検査中にも医師と会話ができます

内視鏡検査

 

●医師はモニターに映るおなかの中をすみずみまで観察します

●検査は5~15分で終了します

 

検査終了

 

●検査が終わったら身支度を整えます

 ※検査後、帰る前に少し休むように指示されることもあります。

●気分が悪い時や変調のある時は、すぐに医師に伝えましょう

検査結果

 

●撮影した画面を見ながら検査の結果を聞きます

 ※組織採取を行った場合は、後日検査結果を聞くこともあります。

 

検査後の注意事項

 

●撮影した画面を見ながら検査の結果を聞きます
 ※組織採取を行った場合は、後日検査結果を聞くこともあります。

●鼻は強くかまないようにしましょう

●飲食は検査終了後30分~1時間後から可能です

●激しい運動は避けてください

●お風呂はシャワー程度にしましょう
 ※組織採取を行った場合は、刺激のある食事、飲酒、コーヒーなどは2~3日避けるようにします。


医師の指示を守りましょう。

 

 

 

 

協力 オリンパス株式会社 おなかの健康ドットコム( http://www.onaka-kenko.com )  より

 

TOPへ