愛媛県松山市の内科と消化器診療が専門のクリニックです。経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)、生活習慣病の診断も行っております。
三宅内科胃腸科
〒790-0056 愛媛県松山市土居田町58-3
TEL.089-932-6262
HOME > 経鼻内視鏡
経鼻内視鏡検査
より苦痛の少ない内視鏡検査
今までに内視鏡検査を受けたことのある方はよくお分かりになると思いますが、検査の最中に「オエッ」と吐き気を催すことがあります。
これは舌の付け根の舌根という部分に内視鏡が触れることで起こる咽頭反射が原因です。
これに対して経鼻内視鏡では、鼻から挿入した内視鏡は鼻腔を通って食道に入るため舌根に触れることがなく、咽頭反射はほとんどありません。
そのため経鼻内視鏡検査では、吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることが出来ます。
また検査中の会話も可能なため、医師とのコミュニケーションがとれ、よりリラックスして検査を受けることが出来ます。
当院の経鼻内視鏡はオリンパス社製GIF-XP260Nで、先端部外径5.0mm、挿入部外径5.5mmと現在市販されている4方向アングル操作の経鼻挿入可能な内視鏡のなかでも最も細い内視鏡です。
NBI内視鏡診断システム
NBI(Narrow band imaging 狭帯域光観察)とは

従来の内視鏡検査ではスペクトル幅の広い白色光(通常光)を粘膜表面に照らしモニター上に再現していますが、通常光は診断に重要な粘膜表層の血管や微細模様などのコントラストを低下させる原因となっていました。
NBIは、粘膜表層の毛細血管やわずかな粘膜の凹凸、深部血管などを強調して映し出すことの出来るスペクトル幅の狭い光(狭帯域光)を照射することによって、微細な病変も確認しやすくなります。

オリンパスホームページより

内科・消化器科 三宅内科胃腸科 愛媛県松山市土居田町58-3 TEL.089-932-6262
Copyright (C) 三宅内科胃腸科 2007 All rights reserved