三宅内科胃腸科では、内科と消化器内視鏡専門医による経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)、糖尿病専門医による糖尿病診療を中心に、安心出来る診療とサービスを提供致します。

内視鏡検査

より苦痛の少ない内視鏡検査 を提供します

今までに胃の内視鏡検査を受けたことのある方はよくお分かりになると思いますが、検査の最中に「オエッ」と吐き気を催すことがあります。

これは舌の付け根の舌根という部分に内視鏡が触れることで起こる咽頭反射が原因です。

これに対して経鼻内視鏡では、鼻から挿入した内視鏡は鼻腔を通って食道に入るため舌根に触れることがなく、咽頭反射はほとんどありません。

当院は経鼻内視鏡検査を行っておりますので、吐き気をほとんど感じることなく非常に楽に検査を受けることができます。

また検査中は医師との会話も可能なので、十分なコミュニケーションが取れ、よりリラックスして検査を受けることができます。

当院の経鼻内視鏡はオリンパス社製GIF-XP260Nで、先端部外径5.0mm、挿入部外径5.5mmと現在市販されている4方向アングル操作の経鼻挿入可能な内視鏡のなかでも最も細い内視鏡です。

検査前日

<検査前日の注意事項>

  • 夕食は軽めに
  • 夜9時以降、飲食は禁止
  • 飲み水はOK
  • 常用薬の服用は可
  • 早めの就寝を心がけましょう

 ※安全を期すために採血等、事前検査が必要な場合もあります

検査当日

<検査当日の自宅での注意事項>

  • 食事、水を除くジュース等の飲み物、たばこ、薬等は禁止
  • 着替えやすい服装で出かけましょう

      ※常備薬を服用されている方は、事前に医師に相談しておきましょう

 

TOPへ